YUTAKA-NISHIOKA

西岡 裕 YUTAKA NISHIOKA

1981年 福岡県生まれ。佐賀大学文化教育学部美術工芸課程卒業。福岡県内の高等学校で美術教員として勤務。大手印刷会社を経てデジタルハリウッド東京本校にてCGを学ぶ。
2008年VISIBLEX入社。入社後、早くからその才能を発揮し、モーショングラフィックデザイナー・コンポジターとしての制作業務を行いながら、アシスタントディレクターとして、VISIBLEXが手掛けるほぼ全ての作品に関わっていく。
2012年にディレクターとなり、現在では、SONY、MITSUBISHI、PANASONICなどの製品プロモーションビデオから、スペースシャワーTVの番組タイトルまで、数多くの作品を手掛けている。
デザインセンスとモーショングラフィックデザイナーとしての経験をベースに、オフライン編集から3DCG、モーショングラフィックスまで自ら操り、企画から完成までトータルで演出できるディレクターとして活躍の場を広げている。