SPACE SHOWER TV / スペチャ!

Directed by YUTAKA NISHIOKA (VISIBLEX)

Roles: Concept, Design, Direction, Editorial, 2D&3DAnimation

SPACE SHOWER TVのプログラム「スペチャ! SPACE SHOWER MUSIC CHART SHOW」のブロードキャストデザイン。

「スペチャ! SPACE SHOWER MUSIC CHART SHOW」のオープナーからクローザーといったムービーを制作。

白い平面的な世界に、三角形のグラフィックがパタパタと展開。その三角形のグラフィックの動きをカメラが追いかけていくと、いつのまにか平面的な世界から立体的な世界に遷り変わる。カラフルな積み木のような3Dオブジェクトが重なる空間で、音楽のリズムに合わせて種々のオブジェクトが回転や伸縮を繰り返しながら次々と出現する。そして三角形のオブジェクトの行く先をカメラが追いかけていくとトンネルが現れ、その中を抜けるとポップでカラフルな世界が拡がり、「スペチャ」ロゴが登場する。




北欧デザインをモチーフにしたシンプルな直線と曲線によるパターンとカラフルな色使いで、楽しく広がる音の世界を抽象的に表現。(番組を)観る人の生活を音楽で彩るということをテーマに作りました。
「□□□(クチロロ)」の三浦康嗣氏によるサウンドと、シームレスなカメラワークや抑揚をつけたオブジェクトの動きで、観る人をワクワクさせる映像を目指しました。

CLIENT

SPACE SHOWER TV
Creative Planner : Akira Takigami (SPACE SHOWER TV)

PRODUCTION

Director:Yutaka Nishioka (VISIBLEX)
Production Company : VISIBLEX
Creative Director : Nobuyuki Tanii (VISIBLEX)
Music : Koshi Miura(□□□)

EDIT / 3DCG / COMPOSIT

Editor : Yutaka Nishioka (VISIBLEX)
CG Supervisor : Yutaka Nishioka (VISIBLEX)
3D Artists : VISIBLEX

TOOLS

3dsMax, After Effects, Premiere
Photoshop, Illustrator

BEHIND THE SCENES

出だしの平面的なモーショングラフィックから3D空間に移行するシーンでは、まず3dsMaxで3DCGのムービーを作成。次にそのムービーをAfter Effectsにガイドとして読み込みトレースして平面的なムービーを作成。その2つのムービーを重ねて2つの世界をスムーズにつなげています。

また、パタパタと出現する三角形のグラフィックは、その軌道やレイアウトを細かく調整しながら手付けで動かしています。

RELATED WORKS

スペチャ / BUMPER A
スペチャ / BUMPER B
スペチャ / CLOSER