PORSCHE MACAN

Directed by YUTAKA NISHIOKA (VISIBLEX)

Roles: Concept, Design, Direction, Editorial, 2D&3DAnimation

Porsche待望の新モデルとなるSUV、“Macan”のジャパンプレミアオープニング映像。
ミニマルなエレクトロミュージックと共にMacanのパーツが浮かび上がる。夜と昼のシーンが錯綜するなか、新モデルMacanが颯爽と駆け抜けていく。
音楽の盛り上がりと共に会場のライト演出も激しさを増し、SUVに止まらない加速を感じさせていく。

Porscheがレーシングカーとして培った走行性と、アウトドアや市街地をシームレスに走破するSUVの快適性を打ち出すため、実写映像にモーショングラフィックスやタイポグラフィーをリズミカルに展開し、新モデルの登場に相応しいスタイリッシュな映像に仕上げました。

Macanのイメージカラーであるブルーを基調に映像全体の色調を整え、若者をターゲットに出来るカジュアルさを打ち出しつつも、シンメトリックな映像や緩急をつけた映像展開により、Porscheが持つ上品なイメージを表出させています。
そして、波のように現れては消えるワイプとタイポグラフィーがMacanのコンセプトを粛々と連ね、小気味の良いアクセントとしてさりげなく映像に漂います。

CLIENT

PORSCHE

AGENCY

Agency:spice communications

PRODUCTION

Director:Yutaka Nishioka(VISIBLEX)
Producer : Futoshi Igarashi(spice communications)
Creative Director : Nobuyuki Tanii (VISIBLEX)
Moving Light: Tohru Sumiyama(CAT)
Sound System: WAKYO / HIRANYA ACCESS
Music : Yuma

EDIT / 3DCG/COMPOSITING

Editor : Tetsuro Abo(VISIBLEX)
2D Lead Artist : Masahiro Maki(VISIBLEX)
        Daisuke Miyatani (VISIBLEX)

TOOLS

After Effects, Premiere

STAFF INFO

yuma

IRMA records所属の新鋭日本人アーティストyuma。iTunes USAとJapanの共同企画『New Music Nights』にて日本代表に選ばれる。デビューアルバム『SOUND MULTIPLY』はiTunes年間ベスト・ダンスアルバムを獲得。その後Ray-BanやファッションブランドLOVELESS、BASE STATIONとのコラボレーショ ン作品を次々と発表。また家電ブランドamadanaの携帯へオリジナル着信音をTei Towaに続き制作。そして2010年10月には東京を代表するストリート・ファッションブランド、HECTICとコラボレーションした、90年代ハウスへのオマージュ作品『90's House Crates』を発表。ダンサンブルでストイック。冴えるエレクトロ・ピアノ&ストリングス。世代と国境を超えて支持される真の次世代アーティスト。

yuma アーティスト写真

BEHIND THE SCENES

実際の会場では三面並ぶ大型スクリーンに、横長(5760×1080)で作成した映像を各プロジェクターで出力しました。
要所要所で分割画面にしたり、三面を一面としてワイドに使いダイナミックに見せる等、三面スクリーンならではの映像演出を心がけました。
また、音楽や映像に合わせた照明演出も手掛け、臨場感をより一層引き立てています。