TOYOTA Prius | Beyond Possible- Follow your heart

Directed by NOBUYUKI TANII (VISIBLEX)

Roles: Concept, Design, Direction, Editing

TOYOTA が発売した新型『PRIUS』の、グローバル向けの配信映像。

PRIUS の開発風景と、主人公の男性が乗り込むシーンが同時進行的に展開。
アクセルを踏み込むと、いきおいよく発進し、廃工場の荒れた道路をダイナミックに疾走するPRIUS。
走行シーンの合間には、耐熱、耐冷、多軸耐久試験、浸水走行、雪上走行試験といった様々な実験シーンが挟み込まれる。


実験映像と走行シーンを分割画面でみせることで、PRIUS が持つ、高い技術とデータに裏付けられた安定感のある走りを訴求しました。大胆にテールスライドさせたドリフトシーンを採用し、まるでスポーツカーのような走行性能をアピールすることで、ただ燃費性能がよいエコカーではない、「走りたくなる車」を印象付けました。

CLIENT

Toyota Motor Corporation

AGENCY

Agency : ISHIDA TAISEISHA

PRODUCTION

Creative Planner : Yasuhiro Imai (TMC)
         Kozue Takenaka (TMC)
Director : Nobuyuki Tanii (VISIBLEX)
Assistant Director : Yutaka Nishioka (VISIBLEX)
Executive Producer : Senryu Hayashida (ITP)
Production : Tandem Co.,Ltd.
Producer : Masahide Namiki (Tandem)
Production Manager : Naoya Muto (Tandem)
           Makoto Miyamoto (Tandem)
Director of Photography : Takashi Sekimori (Office Imura)
             Koretaka Kamiike
Lighting : Shigetaka Yonezawa / Chikara Tsuchiya
Grip : Toshiyuki Ichihara (Screw)
Camera car : Atsushi Terashima (S-Three)
Model : Nobert
Stylist : JOE (JOETOKYO)
Hair&Make up Artist : Atsushi Kokawa
Music Producer : Hiromitsu Ijima (IRMA RECORDS)
Music : yuma (IRMA RECORDS)
Set Decoration : Akina Funabashi (Elephantlive)
Car Coordinate : Junji Kawano (VIPS)
Location Coordinate : Daishoku Zen (WAX)

EDIT / COMPOSITING

Editor : Yutaka Nishioka (VISIBLEX)
Colorist : Ben Conkey (Cutters Tokyo)
Flame Editor : Hajime Seki (McRAY)
3DCG(Ending cut) : LUDENS

TOOLS

After Effects, Premiere

STAFF INFO

yuma

IRMA records所属の新鋭日本人アーティストyuma。
iTunes USAとJapanの共同企画『New Music Nights』にて日本代表に選ばれる。デビューアルバム『SOUND MULTIPLY』はiTunes年間ベスト・ダンスアルバムを獲得。
その後Ray-BanやファッションブランドLOVELESS、BASE STATIONとのコラボレーショ ン作品を次々と発表。
また家電ブランドamadanaの携帯へオリジナル着信音をTei Towaに続き制作。そして2010年10月には東京を代表するストリート・ファッションブランド、HECTICとコラボレーションした、90年代ハウスへのオマージュ作品『90's House Crates』を発表。ダンサンブルでストイック。
冴えるエレクトロ・ピアノ&ストリングス。世代と国境を超えて支持される真の次世代アーティスト。

yuma アーティスト写真

BEHIND THE SCENES

走行シーンは関東某所の廃工場と埠頭での撮影。カメラはRED PROを使用。ステディカム・ロングリグ・ウルトラクレーンなどをシーンによって使い分け、PRIUSらしからぬ、ダイナミックな走りを演出しました。実験シーンは約半年に渡り工場や走行テスト場などで試作車を撮影してきました。