SONY MDR-1 / concept movie

Directed by YUTAKA NISHIOKA (VISIBLEX)

Roles: Concept, Direction, Editorial, 2D&3DAnimation, Visual Effects, Compositing

2012年に発売されたSONYプレミアムヘッドホンMDR-1のプロモーション映像。

男性はMDR-1の美しいフォルムを確かめ、ゆっくりと装着する。
すると、MDR-1から聴こえる音が脳内に流れ込み、男性の中で何かが「覚醒」する、そして、その音に身もココロも没入していく。


黒い世界に男性とヘッドホンだけが在るというシンプルな世界でムービーは展開。コンセプトカラーの黒と赤を基調にしながら、MDR-1の「音」と、その音がもたらす「覚醒」をCGで表現しています。

脳内を駆け巡る音たちを表現した赤いラインと巻き上がる粒子、そして、画面の揺れやRGBをずらしたノイズ的な効果を加えることで、MDR-1のパワフルで研ぎ澄まされた音を体感した人が得る「衝撃」と「恍惚感」を印象的に描き、観る人の感情に訴えかけるエモーショナルな映像を目指しました。

CLIENT

SONY

AGENCY

Agency:DNP

PRODUCTION

Director:Yutaka Nishioka (VISIBLEX)
Production Company : DNP AV Center
Producer : Yuki Tomizuka (DNP AV Center)
Creative Director : Nobuyuki Tanii (VISIBLEX)
Director of Photography:Miki Ogawa(triforce)
VE:Noriaki Ishi
Lighting:Takamichi Fujita (DOING)
Actor : Adrian B (AVOCADO)
Make Up : Katsuki Chichii
Music : Toshitaka Ikeda

EDIT / 3DCG / COMPOSIT

Editor : Yutaka Nishioka (VISIBLEX)
CG Supervisor : Yutaka Nishioka (VISIBLEX)
3D Artist : VISIBLEX
2D Artist : VISIBLEX

TOOLS

3dsMax, After Effects, Premiere, Photoshop, Illustrator

BEHIND THE SCENES

白ホリゾントのスタジオにて撮影。カメラはSONY PMW-F3を使用。FA-9000を使い、撮影現場で適切な色味の方向性を確認していきました。
また、ターンテーブルを使用することで人物の回転をコントロールし、スムーズな移動感を出しています。人物をシルエット気味にしながら1方向から強い照明を当てることでMDR-1の存在感を際立たせています。さらに赤いラインや光のCGパートと実写パートの調和を図るため、部分的に赤色のフィルターを使って撮影しています。