Cerezo OSAKA

Directed by NOBUYUKI TANII (VISIBLEX)

Roles: Concept, Design, Direction, Editorial, 3DAnimation

セレッソ大阪の試合開始前にスタジアムの大型スクリーンに映し出されるオープニングアタック映像。

チームカラーであるピンクのラインにいざなわれ、暗く禍々しいトンネルを抜けていくと、突然、広大な荒野が広がり遠くには天にも届きそうな摩天楼がそびえ立っている。
ラインはまるで昇り竜のごとく摩天楼を昇り、雲間からは幸運を暗喩するかのような強い太陽の光が差し込む。
ラインが摩天楼を昇りつめると、セレッソのロゴが神々しい光を背にしながら現れる。

Jリーグの覇者の象徴を、古い闘技場をデザイン・モチーフとした塔に見立て表現。ダイナミックなカメラアニメーションとカット編集で、サッカーという競技の激しいぶつかり合いと競争をイメージしました。

力強く塔を昇っていくことで、燦然と輝く高みを目指し勝利と栄光を掴むまで走り続けるセレッソ大阪をアグレッシブに描いています。

CLIENT

Cerezo OSAKA

AGENCY

Agency:SEP

PRODUCTION

Director:Nobuyuki Tanii (VISIBLEX)
First Assistant Director : Yutaka Nishioka (VISIBLEX)
Production Company : SEP
Producer : Masashi Kato (SEP)
Music : Yoshijiro Tsukuda

EDIT / COMPOSITING

3D Lead Artist : Hiroaki Hamada (VISIBLEX)

TOOLS

CINEMA4D,After Effects,Premiere

STAFF INFO

佃 良次郎(Yoshijiro Tsukuda)

シンプルなピアノのメロディーに定評があり、これまでにドラマ、映画、CM、ゲーム音楽などを手がける。筑波大学広報ビデオ「Attention Please」(2013)中村文昭ドキュメンタリー映画「何のために」(2014)ヤンマー企業TVCM「Yanmar Manchester United CM」(2014)の音楽を担当。

BEHIND THE SCENES

異次元からワープして抜けていくようなトンネルのシーンは、CINEMA4Dで3D空間上に何枚もテクスチャーを重ね、複雑な色彩を表現。
渦を巻くラインは、CINEMA4D上で描いた軌道をAfterEffectsに読み込み、それに沿ってTrapcode Particulerを動かすことで作成しています。