TOYOTA / 86 Full Throttle

Directed by NOBUYUKI TANII (VISIBLEX)

Roles: Concept, Design, Direction, Editorial, 2D&3DAnimation, Visual Effects, Compositing

2011年東京モーターショーTOYOTA86のブースで流された展示映像。

「少年時代のスポーツカーへの憧れ」や「クルマ作りへの想い」「理想を追求する情熱」を映したディスプレイが漂う空間に、クルマへの「想い」を表す粒子がラインとなって奥へ奥へと進んでいく。ラインは血管のような管となり、エンジンを作る。そして、タイヤ、シャーシ、ボディーが組みあがり、遂に86が完成。エンジンスタートのスイッチが押されると、噴射されたガソリンが点火。命が吹き込まれた86は、フルスロットルで夜の街を疾走する。


86という特別なクルマへの様々な「想い」が融合して、TOYOTAの86が作られたことをイントロで表現。そして、86をフルスロットルで運転した時に感じるドキドキする気持ちを、ムービーを観る人にも想像し感じてもらえることを目指して作りました。

CGでなければ表現出来ないダイナミックなカメラモーションと走りを主軸に置きながら、非現実的な炎や激しい振動の効果、そして縦横無尽に突き進んでいくラインのCGをアクセントとして使うことで、86を運転するドライバーの「高揚感」を表現しています。

BGMは「MOTOCOMPO」と「OTOCOMPO」のリーダーDr.USUIが制作。

CLIENT

TOYOTA MOTOR SALES & MARKETING
Creative Planner : Yasuhiro Imai (TMSM)

AGENCY

Agency:ISHIDA TAISEISHA
Executive Producer : Senryu Hayashida (ITP)

PRODUCTION

Director:Nobuyuki Tanii (VISIBLEX)
First Assistant Director : Yutaka Nishioka (VISIBLEX)
Production Company : VISIBLEX
Music : DR.USUI (MOTOCOMPO / OTOCOMPO)

EDIT / 3DCG / COMPOSIT

Editor : Nobuyuki Tanii (VISIBLEX)
Masahiro Maki (VISIBLEX)
CG Supervisor : Yutaka Nishioka (VISIBLEX)
3D Lead Artist : Masahiro Maki (VISIBLEX)
3D Artists : VISIBLEX
2D Artists : VISIBLEX
MA : Sound Effects / Yasuhito Izutsu (MARUNI STUDIO)

TOOLS

3dsMax, CINEMA4D, After Effects, Premiere, Photoshop, Illustrator

STAFF INFO

DR.USUI (MOTOCOMPO / OTOCOMPO)

DR.USUIは東京で活動する作編曲家アーティスト。1998年MOTOCOMPOのリーダーとして、POLYSICSらと共に発表したコンピレーション『東京ニューウェーヴ・オブ・ニューウェーヴ’98』が大きな話題となり、後に世界的なムーブメントとなるニューウェーブ・リヴァイバルの先鞭をつけることとなる。そして2000年5月、ポリスターよりメジャーデビュー。2008年よりソロ・プロジェクト 「Dr.USUI」としても活動開始。2011年以降は、MOTOCOMPOからスピンオフした(M)otocompo(オトコンポ)のメンバーとしても活動。各地のロックイベントでは入場制限が起こるほどの人気を博している。コンポーザーとしては、YUKIのアート系活動に おけるサウンドトラックを担当。アートユニット「Sleep」の展覧会やアルバム「WAVE」のリリース・エキシビションにサウンドトラックを提供している。2012年にはNew York・ROBOT FILM FESTIVALの最優秀賞に輝いた短編作品「TOUCHY, a Human Camera」の音楽を担当。音楽アーティストとしての活動の他、そのセンスの良さからCM・広告音楽も多数制作している。

http://www.motocompo.com/

BEHIND THE SCENES

テクスチャーアニメーションの技法を使い、走っているクルマの内部が見え隠れするという、今まで見たことがない表現にトライしました。